Home, Sweet Home

へーベルハウスで家を建てました。シンプルでモダン、でもちょっとナチュラルな空間に憧れています。夫nanjaと妻monjaで頑張ってセンスアップへの日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原動力!

iw.jpg

monjaがおそるおそるブログをはじめることができた原動力は、
家づくりに関わって下さった全ての方への感謝の気持ちです。
一番お世話になった担当の営業Iさん、設計Kさん、
インテリアアドバイザーMさんは勿論のこと、
工事担当Kさんをはじめとする現場の方々、
更には、街角展示場営業のYさん、いろいろな展示場で
相談にのっていただいたり、話し相手になって下さった
設計のMさん、沢山の営業の方々へ、お礼の気持ちを込めて
ご報告をしたいと思ったのです。
あまりお知らせしていないので自己満足の世界ですが…(笑)

そして、はじめてから一ヵ月。
続けられる原動力は、読んでいただいたり、コメントを
いただけることでした。
みなさん、ありがとうございます!
スポンサーサイト

nanja的考察 -間取りについて 1-

やっとnanjaがブログに登場する気になったのですが…
「操作が分からないから」と、文章と写真のファイルを
渡されてしまいました…
アップしてみますので、「続きを読む」をご覧ください。
 注)長いです
【“nanja的考察 -間取りについて 1-”の続きを読む】

惚れタイル

好評!?クイズシリーズ最終回は、monjaが惚れたタイルです。
次の写真がその一部ですが、使ったのはどこでしょうか?

suisen.jpg


答えは「続きを読む」をご覧ください。
【“惚れタイル”の続きを読む】

光と影のインテリア(朝編)

「またですか…」と言う声が聞こえてきます。
すみません、ネタが無くなってきました。(笑)
朝、窓から光が差し込むと、窓枠と
バーチカルブラインドのストライプの影が
壁、床、家具に映し出され、椅子も縞模様です。

hi1.jpg


ここで突然ですがクイズです。
「またまたですか…」
すみません。
この写真の中でmonjaが気に入らないのは
どこでしょうか?

答えは「続きを読む」をクリックしてください。
(スクロールより念入りに隠してみました、ふふふ)
【“光と影のインテリア(朝編)”の続きを読む】

光と影のインテリア(番外編)

突然ですが、クイズです。
前回のライトアップした写真3枚の中で
蛍光灯が使ってあるものはA.B.C.の
どれでしょう?(スクロールする前にお答えを!)

A.
yo1.jpg


B.
yo2.jpg


C.
yo3.jpg


答えはBの階段フットライトでした。
簡単だったでしょうか…

階段手摺が浮き上がるようにする為には明るさが必要で、
フットライト3連をインテリアアドバイザーのM師匠が
考えてくださいました。

foot.jpg


zebra6さんへの答えになっているでしょうか…

光と影のインテリア

これまでの写真をご覧の通り、
インテリアがまだ揃っていません…
お金も底を尽きていて。(笑)
そんな今の我が家の貴重なインテリアと
なってくれるのが、光と影です。

スポットライトの光と照らされた観葉植物の影
yo1.jpg


階段手摺を闇の中から浮かびあげるフットライトの光
そして、その思わぬプレゼントにブラインドに映る影
yo2.jpg


ダイニングのペンダントが天井を照らす光と影
yo3.jpg


電気代がかかるくらいで、お安いインテリア特集でした。

広がり

ウッドデッキから見た吹抜きの写真です。

kadai.jpg


限られたリビングスペースを少しでも広く感じたくて、
奥の玄関から手前のウッドデッキまでの一体感で
空間の広がりを感じられたら…と思いました。
(写真も効果的にすべく大きくしました、なんて姑息な。)
2Fのスライドスクリーンは開けて広がりを
感じることで子供部屋の狭さをカバーできたら…と思いました。
大成功!?だと思い込んでおきます。(笑)

注)「自分の子供がよくみえる」=「親ばか」に例えて、
  我が家がよくみえるnanjaとmonjaを「施主ばか」と
  呼んでいます。

右隅に映っているキャビネットはオモチャ入れになっていますが、
テイストの違いでnanjaから撤去要請が出ています…
が、monjaのお気に入りなので、nanjaの言う通りと知りつつも
その存在を許してしまう矛盾…
今はもうない家具メーカーのもので、玉置浩二さんが
このシリーズのダークブラウンを買い揃えていたらしく
お店のコーナーに写真が飾ってありました。
nanjaから要請が出る度に「玉置さんは、まだ持っているのかなぁ?」
と、同志のことが気になってしまう…
話しが完全に違う方向に広がってしまいました。(笑)

未熟モノ

癒しのインテリア充実計画第一弾!としてマドレーヌを焼いてみました。
ウッドデッキでミルクティーを飲みながら美味しくいただこう。
と思ったら…ガッカリです。

madorenu.jpg


これまで食べる物にしか目がいかなかったのですが、(笑)
このコップとお皿のコーディネートは何かが違うっ!
食器は実家から持ってきたモノが多く、これまで自分で
買い揃えたことがないので、方向性が全くつかめません。
monjaのセンスと割れずに生き延びてくれている食器たち、
未熟モノ同士で途方に暮れながらの午後のひと時と
なってしまいました。

(BGMはアルプスの少女ハイジより「おし~えて、おしえて~」)

間取り

「間取りは?」と聞かれたら「1LDK!」と答えたいと
設計の時から繰り返し問答を妄想していたnanja…
今では早押しクイズのように即答です。
個室と定義されるのはmonjaの部屋だけだそうで、
床を違う色(ホワイトグレー)にする許可がおりました。(笑)
次の写真でnanjaのイメージが伝わるといいのですが…

kaidan.jpg


でも細かいことを言うと、リビング入口、トイレ、バスには戸があり、
子供部屋もスライドスクリーンで個室に仕切れます。
(nanjaより定義に細かいmonjaの補足より)

癒しのインテリア

昨日、潜水艦乗りさんのお宅に遊びに行かせていただきました。
そして、のえるママさんとも再会です。
連れていった娘は、奥さまにずっと遊んでもらい、
更にはお子様が使われていた可愛い素敵なおもちゃまでいただいて、
家に帰ってからも遊び続けていました。

asobi.jpg


また、のえるママさんには手作りのチョコとバナナのパウンドケーキを
いただき、お家で美味しくいただきました。

cake.jpg


ふとその光景を眺めていると、飾るものとはまた違った
日々移ろいで行く素敵なインテリアだなぁ…
家具を揃えるのに夢中だったけれど、そんな味のある
癒しのインテリアがまだまだ足りない我が家だと感じました。

通り道

家の2Fにあるワークスペースです。
デスクの背面と吹抜き周りに本棚があって
3Fに行く時の通り道になっています。
お昼間は日当たりがいいので床に寝転んで
トドのようになって本を読むと心地いいです。
設計のK氏が名付けてくださった「セカンドリビング」
という呼び方が気に入り、前の家で大量にあった本を
減らしてインテリアの雰囲気を考えてみました。

tukue.jpg


ちょっと写っていますが、ここの手摺は標準です。
「ここも特注の手摺に!」と暴走するnanjaに
「小屋裏へと続く階段手摺は目立たないんじゃ?」と
必死に食い止めたmonjaです。

家の中心

めずらしく(といっても数回目…)お昼間の写真です。
インテリアに色々と思いをめぐらした結果、ソファのない
リビングダイニングにすることになりました。
テレビもないので、お互いの顔を見て過ごすしかなく
夫婦喧嘩をした時は最悪のムードになりそうです。(笑)
今日はお越しいただいたお客さまにブログのアドバイスを
いただきました。どうもありがとうございます。
でも、その方やその方のブログをここでどうやって紹介したら
いいのかがまだ分からなかいレベルのmonjaでした。

hiruma.jpg


でも、やっぱり夜の写真も…
(BGMはalbum「GIRL TALK」by akiko)

yoru.jpg

monjaの部屋

nanjaに続いてmonjaの部屋です。
といってもお布団を敷いて寝る寝室で、
私のヴァイオリンの練習室でもあります。
防音のない普通の部屋ですが、我が家で
唯一ドアのある部屋なので、「お願いだから
上手になるまでこの部屋で弾いて」と
追いやられてしまうのです…

インテリア打合せの前は、コストをかけないよう
前の家からカーテンと照明を持ってきて、
その分壁紙を一面だけ色を変えて楽しもう~
と思っていたのですが…壁紙に合わせたブラインド、
更にそれに合う照明、とさりげなくレベルアップして
一番お金がかかった部屋になってしまいました。
nanjaより困りモノの自分に今気きました!
目指すインテリアは「日本好きなパリジェンヌの部屋」です。
これまた、nanjaより厄介でしょうか???

sinsitu.jpg

nanjaの部屋

nanjaは家づくりを考える前から「自分の部屋は小屋裏がいい」
と言っていました。ヘーベルハウスにした理由は「吹抜きを
大きくとれる」構造的魅力と、「小屋裏という(ネーミングの)
トップハット」という主人のハートをつかむ心理的魅力でした。
なので冷暖房の効率面で反対する私に「小屋裏にも吹抜きを
つけなければ、家を建てる意味がないっ!
そんなローンの為には働けないーっ!!」と交渉の余地は
与えられませんでした…(笑)
そして、念願かなった男の隠れ家的nanja部屋。
目指すテイストは「山小屋モダン」、
初めて聞く言葉???提唱者を目指すらしいです。


koyaura.jpg

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。