Home, Sweet Home

へーベルハウスで家を建てました。シンプルでモダン、でもちょっとナチュラルな空間に憧れています。夫nanjaと妻monjaで頑張ってセンスアップへの日々を綴ります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nanja的考察 -間取りについて 4-

この「51C型」の更なる発展は、1955年に発足した日本住宅公団によるニュータウン建設でした。

danchi.jpg

公団により「51C型」の間取りに当時としては珍しいバスルームを組み込み、キッチンはステンレス流し台を標準装備した43㎡(13坪)「2DK」が生み出されました。これは高度経済成長期のなか、都市に集中してくる若者達(もちろん、核家族で2人~4人家族)の心を捉えました。それまでは奥にあった薄暗いキッチンが南の明るい場所に移動してきて、しかもキッチンの傍らでテーブルと椅子で食事をするというまったく新しい生活スタイルなのです。公団住宅の抽選会には多くの人々が押しかけ、高倍率の抽選が行われました。運よく公団住宅に住む権利が与えられた人々には、羨望のまなざしが向けられ「団地族」などと呼ばれたようです。

 この当時、「51C型」の南面の部屋はちゃぶ台やテレビ(当時は掃除機、洗濯機、冷蔵庫が三種の神器と呼ばれたようですね)が置かれ、夕食や家族の団欒の場所、北側の部屋は家族仲良く寝る場所として使われ、朝食はDKで行うことが多かったようです。しかし、子供の成長に伴って北側の部屋は子供が使うようになり、両親が寝るところは南面の部屋でちゃぶ台を片付けて寝るようになります(「寝室の分解」ですね)。こうなってくると、より完全な「食寝分離」や更に「親子分離就寝」を可能にするためにはもう一部屋付け加えられた3DKの間取りが求められるようになってきます。そして、公団住宅も色々な世帯のニーズに応えるため、「51C型」をプロトタイプとして1DK、2K、2DK、3K、3DKといった間取りの系列を生み出していきました。この頃から家庭生活も豊かになり、洋風化の波に乗ってオーディオ、ソファ、ピアノが南面の畳の部屋に置かれるようになり、リビングルームの要望が次第に高まっていきます。そして、公団はDKを拡大したLDKというプランを作りだすのです。当時大量に発生した専業主婦達の関心はいかに公的(パブリック)場であるリビングを作るかということと、子供の教育に向かいます。子供の勉強がじゃまされないように子供には私的(プライベート)個室が与えられ、両親は子供の勉強を妨げないように子供室とは別の個室(よくマスターベッドルームと書かれているヤツです)で寝起きをするようになりました。これにより、公的部屋(リビングルーム)と私的部屋(子供室や寝室)が完全に分離した(これを「公私室(PP)分離」という)間取りが出来上がっていきます。

 1970年代初頭、田中角栄の列島改造により民間のマンションや建売住宅の販売棟数が飛躍的に伸びていきます。民間の業者は利益率を上げるためにマンションの区分を南北に細長く、土地も南北に細長くして販売をします。このような場所にLDK、バスルーム、トイレ、子供室、寝室を組み込むために玄関から”廊下”を延ばしこれらの部屋をつなげました。そして、人気の高かった公団の住宅間取りを示す「・・LDK」という行政機関の用語を前面に出して宣伝し瞬く間に日本全土にこの表記法が広がっていきました。こうして「nLDK」(ただし、nは世帯数から1を引いた数。両親2人と子供2人の4人家族なら3LDKとなります)間取りが誕生するにいたるのです。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。